文字サイズ:

世界に広がる和田重次郎顕彰活動

晩年の重次郎

晩年の重次郎

1937年(昭和12年)
和田重次郎 サンディエゴにて死亡
1973年(昭和48年)
東 良三氏が「アラスカ 最後のフロンティア」(山と渓谷社)で和田重次郎を紹介
谷 有二氏

谷 有二氏

1974年(昭和49年)
山口常助氏(宇和島市文化財保護審議会議長)と作家谷 有二氏が和田重次郎の調査を始める。
作家新田次郎氏が雑誌「小説現代」で「犬橇使いの神様」を掲載。重次郎を紹介
1975年(昭和50年)
シアトルの日系2世ノリオ・ミツオカ氏の娘(中学生)が重次郎について、アラスカ新聞のRobert De Armond氏に問い合わせをする。
1979年(昭和54年)
愛媛新聞に「アラスカ探検王は松山の人」 (2月17日)の記事が掲載。初めて重次郎が紹介される。
谷 有二氏が雑誌「山と渓谷」に「ジュージロー・ワダの活躍」を掲載する。
Armond氏による重次郎の記事

Armond氏による重次郎の記事


Robert De Armond氏(中央)と谷有二・真人親子

Robert De Armond氏(中央)と谷有二・真人親子

1983年(昭和58年)
Robert De Armond氏が雑誌『Alaska』にて重次郎を紹介
1985年(昭和60年)
中時雄市長が和田重次郎高齢につき「死亡認定」を許可し、戸籍抹消
1992年(平成4年)
ノリオ・ミツオカ氏(右)

ノリオ・ミツオカ氏(右)


シルビア・小林氏(右から2人目)

シルビア・小林氏(右から2人目)


アラスカより日系2世シルビア・小林氏とノリオ・ミツオカ氏が重次郎の調査のために来日
1995年(平成7年)
谷 有二著「オーロラに駆けるサムライ」(山と渓谷社)出版
アメリカ通商局USTTA Newsとアラスカ州観光局日本事務所にて「オーロラに駆けるサムライ」が紹介される。
愛媛新聞にて、9月8日から谷 有二氏による「アラスカを沸かせた男」が25回連載される。
1996年(平成8年)
宮原史子氏(右)

宮原史子氏(右)

カナダユーコン準州の新聞に、宮原史子氏により和田重次郎の活躍が掲載される。
東京有楽町・外人記者クラブにて「オーロラに駆けるサムライ」の講演を行う。

1997年(平成9年)
南海放送のラジオドラマ「オーロラになったサムライ」が日本民間放送連盟賞・ラジオ娯楽部門で最優秀賞受賞
1998年(平成10年)
ハワイラジオ局KJPNにて南海放送のラジオドラマ「オーロラになったサムライ」が放送される。
2003年(平成15年)
重次郎の生涯を描いた、北海道放送制作の「オーロラのサムライ」があいテレビにて放映される。
2005年(平成17年)
ノーマン・ケーガン氏

ノーマン・ケーガン氏

重次郎の娘日米子(ヒメコ)の子孫が見つかると、重次郎研究家ノーマン・ケーガン氏より連絡がある。
カナダ・ホワイトホース在住の鳥飼夫妻により、人権擁護評議会にて重次郎がクローズアップされ始める。

2006年(平成18年)
  1. 1月3日 重次郎の子孫 Heather O‘Hareが内子町を訪問
  2. 7月22日 谷 有二氏による講演会が素鵞公民館にてある。
  3. 11月6日 松山市日の出町の公民館にて、和田重次郎の建立について協議が行わる。
  4. 12月24日 「坂の上の明治人」の第2回ラジオシンポジウム「WHO IS 和田重次郎」を開催
ヘザーが内子町に来町重次郎の母セツの墓参をする

ヘザーが内子町に来町重次郎の母セツの墓参をする

谷有二氏による講演会

谷有二氏による講演会

日の出町公民館にて和田重次郎顕彰碑建立を協議

日の出町公民館にて和田重次郎顕彰碑建立を協議

南海放送にてラジオシンポジウム開催

南海放送にてラジオシンポジウム開催

2007年(平成19年)
  1. 2月6日 犬ぞりレース「ユーコン・クエスト」の前夜祭にて、人権擁護評議会により重次郎の活躍が紹介される。
  2. 7月16日~8月1日 松山城ロープウェイ展示室にて顕彰展示会を開催
  3. 9月3日 和田重次郎顕彰碑が松山市日の出町河川緑地公園に建立され、除幕式を開催
  4. 9月12日 松山市総合コミュニティセンターにて顕彰展示会を開催
  5. 9月26日 上岡治郎顕彰会初代会長(元素鵞小学校校長)逝去
ユーコンクエストの前夜祭で重次郎の講話と展示会が開催される

ユーコンクエストの前夜祭で重次郎の講話と展示会が開催される

松山城ロープウェイ展示室にて展示会開催

松山城ロープウェイ展示室にて展示会開催

和田重次郎顕彰碑建立除幕式を開催

和田重次郎顕彰碑建立除幕式を開催

上岡治郎初代顕彰会会長

上岡治郎初代顕彰会会長

2008年(平成20年)
クリスマス・コンサート

クリスマス・コンサート

  1. 3月18日~24日 内子自治センターにて顕彰展示会を開催。7日間で延600名来場
  2. 8月8日 南海放送がラジオドラマ「オーロラになったサムライ」をプラネタリウム番組として制作し、試写会「アラスカと『オーロラになったサムライ』を観る会」をコミュニティセンター・コスモシアターにて開催する。9日~21日まで一般投影し、21日間で延1,400名が来場する。
  3. 9月9日~21日 重次郎の兄平太郎の孫 和田利百氏等顕彰会会員が重次郎の子孫に会うために渡米し、カナダ・ホワイトホースやフェアバンクスにいる重次郎研究グループ等との交流を図る。
  4. 10月25日~27日 カナダ・ホワイトホースの重次郎研究家の鳥飼文彦氏一家が松山、内子を訪れる。
  5. 11月20日~24日 内子町小田にて顕彰展示会開催。5日間で延150名が来場
  6. 12月20日 コミュニティセンター・コスモシアターにて、「プラネタリウム・クリスマスコンサート」を開催する。200名来場
内子町にて顕彰展示会を開催

内子町にて顕彰展示会を開催

アラスカと「オーロラになったサムライ」を観る会

アラスカと「オーロラになったサムライ」を観る会

重次郎の子孫たち(サンフランシスコ)

重次郎の子孫たち(サンフランシスコ)

鳥飼文彦氏が来松

鳥飼文彦氏が来松

2009年(平成21年)
  1. 二代目会長として、前松山市教育長 土居貴美氏が就任
  2. 坂の上の雲ミュージアムにて顕彰展示会を開催

    坂の上の雲ミュージアムにて顕彰展示会を開催

    8月1日~15日 「坂の上の雲ミュージアム」にて顕彰展示会を開催。延約3,000名来場

  3. 8月1日 日本人マッシャー舟津圭三氏と谷 有二氏を招いて、南海放送ラジオシンポジウム「キングと呼ばれた男 和田重次郎」を開催(坂の上の雲ミュージアム 顕彰展示会会場)
  4. 8月2日 コミュニティセンター・コスモシアターにて、「オーロラとアラスカを観て・知ろう」を開催。約70名来場
  5. 8月15日 展示会会場にて、ふくじゅ草コンサートを開催。約100名来場
  6. 10月7日 和田重次郎顕彰会 特定非営利活動法人として認定される。
  7. 10月24日~25日 松山市日の出町公民館にて顕彰展示会を開催。延約100名来場
ラジオシンポジウム

ラジオシンポジウム

オーロラとアラスカを観て・知

オーロラとアラスカを観て・知

ふくじゅ草コンサート

ふくじゅ草コンサート

日の出町公民館での顕彰展示会

日の出町公民館での顕彰展示会

2010年(平成22年)
  1. アラスカとの交流

    アラスカとの交流

    3月5日~13日 土居会長以下5名の顕彰会会員が重次郎の足跡とスワード市等との友好関係を図るため、アラスカを訪問

  2. 5月15日 愛媛CATVオープンスタジオにて、「和田重次郎トークショー」開催。出演者 田中和彦南海放送取締役(ラジオドラマ「オーロラになったサムライ」制作)。河野 啓北海道放送プロデューサー(ドキュメントドラマ「オーロラのサムライ」制作)。中村時広愛媛県知事。約70名来場
  3. 5月30日 ふくじゅ草コンサートを、コミュニティセンター・コスモシアターにて開催。約100名来場
  4. 7月 タバスコ・アーカイブスから、タバスコ社長マッキルヘニーと重次郎との関係について調査研究依頼がある。
  5. 9月12日 松山市出身アラスカ写真家松本紀生氏によるフォトライブをコミセン・コスモシアターにて開催。約300名来場。
  6. 10月12日 DVD「オーロラになったサムライ」を市内全小学校に贈呈するために、素鵞小学校にて贈呈式を開催。
  7. 10月28日~11月23日 「坂の上の雲ミュージアム」にて顕彰展示会を開催。延約10,000名来場
  8. 10月28日 DVD「オーロラになったサムライ」を内子町内全小学校に贈呈するために内子小学校にて贈呈式を開催。
  9. 11月14日 アラスカ大学国際北極圏研究センター名誉所長(当時) 赤祖父俊一氏が来松し「科学講座」をコミュニティセンター・コスモシアターにて開催。参加者約80名。また、「和田重次郎シンポジウム」を愛媛県美術館講堂にて開催。シンポジウムでは、谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センター長・教授。田中和彦南海放送取締役も出演。途中、松浦宏之大成学院大学がセワード市での記念イベントの様子を発表。参加者約90名。
和田重次郎トークショー

和田重次郎トークショー

松本紀生フォトライブ

松本紀生フォトライブ

DVD贈呈式

DVD贈呈式

シンポジウム

シンポジウム

2011年(平成23年)
  1. 1月23日 日本人マッシャー舟津圭三氏による講演会を県美術館講堂にて開催。参加者約90名。
  2. 3月11日 重次郎の生涯を描いた漫画「オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~」を河原学園漫画クリエーター科の生徒たちが作製し、河原学園から1000冊贈呈される。漫画は顕彰会から市内全小中学校に配布する。
  3. 9月~24年2月「提案型パートナーシップ推進事業」として、「理科指導者のためのキング・和田 自然学校」を県内10校で開催
舟津圭三氏 講演会

舟津圭三氏 講演会

漫画の贈呈式(顕彰碑前にて)

漫画の贈呈式(顕彰碑前にて)

舟津圭三氏を招いての内子小学校での自然学校

舟津圭三氏を招いての内子小学校での自然学校

  1. CS6C744312月12日 松山市民会館中ホールにて。また、12月24日 内子座にて、和田重次郎の生涯を描いた、みかん一座(戒田節子座長)によるミュージカル「オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~」を公演。三公演で約2,000名来場。

ミュージカル

Copyright (c) 和田重次郎 顕彰会 All Rights Reserved.