文字サイズ:

キーパーソン《設立10年目を迎えた「和田重次郎顕彰会」》2016年6月5日 愛媛新聞

カテゴリ: 国内の新聞記事,新聞記事 — 2016年06月06日 月曜日

2016年6月5日(日)の愛媛新聞「キーパーソン」のコーナーに、和田重次郎顕彰会事務局長 上岡幹夫のインタビュー記事が掲載されました。ぜひご一読ください。

img100

ラストステージ みかん一座ミュージカル「オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~」完結!

カテゴリ: お知らせ,イベント,国内の新聞記事,顕彰会の活動 — 2015年12月15日 火曜日

アラスカ公演を成功させ、無事帰国し、まだ疲れの残る中、お世話になった方々にアラスカ公演の模様を報告することを目的に、5月23日・24日に松山市民会館中ホールにて、「みかん一座ミュージカル オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~ラストステージ」を開催しました。
冒頭にアラスカ公演の模様を写したDVDを放映し、いよいよアラスカバージョンのミュージカルがスタート。
最後は、「愛媛の歌」と「アラスカ州歌」をアラスカ公演の時に歌ったシーンを写しながら、市民会館に来てくださった観客の皆さんと一緒になって歌いました。
まさにアラスカと愛媛がつながった瞬間でした。

三公演で延べ2,000名もの方に来場いただき、みかん一座ミュージカルのラスト公演は大成功のうちに幕を閉じました。

shinbun

和田重次郎の生涯を描いた、みかん一座ミュージカル「オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~」は、今回の「ありがとう公演」をもってすべて完結しました。
振り返りますと、2011年12月11日松山市民会館中ホールで二公演。同年12月24日の内子座で公演。2013年1月13日・14日には坊っちゃん劇場で三公演。
そして、2015年5月1日にアラスカ・アンカレッジにて公演。
今回のありがとう公演で三公演と、延べ10公演開催し、いずれの公演も満員で総計7,400名もの方々にご来場いただき大成功のうちに終えることができました。
これも戒田節子座長をはじめ、みかん一座の劇団員やスタッフの皆様。
資金面で支えてくださった、加戸守行前愛媛県知事を団長とする日米友好アラスカ公演応援団の皆様。
そして、何といっても舞台を観るために駆けつけてくださった多くの観客の皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

IMG_5427

和田重次郎はほとんど知られていませんでしたが、みかん一座ミュージカルのおかげて、愛媛のみならず、日本全国さらにはアラスカ、アメリカと広く知られるようになりました。

このミュージカルの成功を大きな糧として、和田重次郎顕彰会は、顕彰活動をさらに発展させていきます。

漫画「オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~」英語版 贈呈式

カテゴリ: お知らせ,イベント,国内の新聞記事,顕彰会の活動 — 2014年08月12日 火曜日

IMG_8609

河原学園デザインアート専門学校では、和田重次郎の生涯を描いた漫画「オーロラに駆けるサムライ~和田重次郎物語~」を2011年に製作しました。顕彰会に、単行本として贈呈していただき、市内小中学校に配布しました。

IMG_8583

そして、来年5月に和田重次郎のミュージカルをアラスカで公演をすることから、漫画でもアラスカ開拓者としての和田重次郎の偉業をアラスカの人たちに知ってもらいたいとの思いで、英語版を作成。6月5日に寄贈していただきました。

img010

贈呈式は、和田重次郎の顕彰碑の前で執り行われ、多くのマスコミにも報道されました。松山は連日の大雨でしたが、贈呈式の間だけは晴れ、無事終えることができました。

顕彰会では、贈呈された英語版を今度はアラスカの小中学生等に配布する予定です。

「谷 有二氏を偲ぶ会」が終わりました

カテゴリ: お知らせ,国内の新聞記事,新聞記事,顕彰会の活動 — 2014年05月05日 月曜日

4月29日松山市総合コミュニティセンター・コスモシアターにて、和田重次郎の生涯を描いた「オーロラに駆けるサムライ」の著者である愛媛県宇和島市出身の作家谷 有二氏の逝去に哀悼と感謝の意を表するため、和田重次郎顕彰会主催の「谷 有二氏を偲ぶ会」を開催しました。

DSC_1967会では、谷先生と生前親交のあった南海放送田中和彦常務や和田重次郎の子孫である内子町在住の和田利百氏。また、谷先生の宇和島南高校時代の同窓生たちが登壇し、谷先生に送る言葉として思い出をお話しいただきました。
また、みかん一座の和田重次郎ミュージカルは、谷 先生の「オーロラに駆けるサムライ」をベースとしていることから、感謝の意を込めて、みかん一座がミュージカルの挿入歌を歌いました。
そして、最後に谷先生の奥さまの本子さまと息子さんである真人さまによる挨拶があり、閉会となりました。
厳粛な中にも谷先生の温かい人柄そのままの人を思いやることの大切さを実感できたとても温かいいいイベントでした。

偲ぶ会の後は、田中和彦氏が制作したラジオドラマ「オーロラになったサムライ」をベースにしたプラネタリウム番組を投影しましたが、120名ほどの参加者は最後までほとんど帰らず、終わった後も名残惜しく余韻に浸っていました。
きっと谷先生も喜んでおられることでしょう。

img021谷先生本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。天国でゆっくりお休みください。

19世紀末活躍の冒険家 重次郎の偉業後世へ 松山 石手川緑地 町内会が顕彰碑建立(愛媛新聞ONLINE)

カテゴリ: 国内の新聞記事,新聞記事 — 2007年09月07日 金曜日

出典:愛媛新聞ONLINE

和田重次郎 顕彰碑建立一九世紀末、アラスカやカナダを探検した愛媛出身の冒険家・和田重次郎(一八七五—一九三七年)の活躍を後世に伝えようと、幼少期を過ごした松山市日の出町の連合町内会(八倉重貴会長)はこのほど、地元の石手川緑地に顕彰碑を建立。三日、除幕式があり、町内会関係者や住民ら約百人が偉業をしのんだ。 (続きを読む…)

和田重次郎の顕彰碑:「探検家」「探検王」日の出町の誇り、除幕 /愛媛(毎日インタラクティブ)

カテゴリ: 国内の新聞記事,新聞記事 — 2007年09月04日 火曜日

出典:毎日インタラクティブ

◇松山・歴史愛好家ら足跡を伝承

明治時代に活躍した松山出身の探検家、和田重次郎(1875〜1937)の顕彰碑などがゆかりのある松山市日の出町の石手川河川敷に建立され、3日、除幕された。地元の歴史愛好家らで作る「和田重次郎顕彰会」が市民に和田の足跡を伝えようと取り組んできた。 (続きを読む…)

Copyright (c) 和田重次郎 顕彰会 All Rights Reserved.