文字サイズ:

和田重次郎に関する資料

オーロラに駆けるサムライ—開拓時代のアラスカを舞台に大活躍した“犬橇使いの神様”のドラマチックな生涯

オーロラに駆けるサムライ谷 有二著 1995年4月 山と溪谷社刊 単行本(ソフトカバー)276ページ 定価:1,630円

重次郎と同郷の谷 有二氏が、現地まで赴き調査した、和田重次郎の出生からアラスカ、カナダでの武勇伝、シアトルでの孤独な死までを追った、和田重次郎、波瀾万丈の物語。

和田重次郎顕彰会では、「オーロラに駆けるサムライ」を含む、和田重次郎セットを2,000円(送料込み)でお譲りしております。

セット内容
・書籍「オーロラに駆けるサムライ」(谷 有二著)
・DVD「オーロラになったサムライ」
・漫画「和田重次郎物語」
・オーロラに駆けるサムライ 和田重次郎ガイドブック (英訳付き)
・和田重次郎特製クリアファイル

ご購入希望の方は、『オーロラに駆けるサムライ』(和田重次郎セット)ご購入フォームよりお申し込み下さい。

オーロラに駆けるサムライ 和田重次郎ガイドブック (英訳付き)

guidebook

愛媛県出身のアラスカ開拓者 和田重次郎(1875-1937)
和田重次郎は、松山市日の出町で幼少期を過ごしますが、明治25年に大志を抱き、独りアメリカに密航します。原住民さえ恐れた北極圏を犬ぞりで探検し、多くの金鉱や油田を発掘、 当時未開の地であったアラスカ開拓に偉大な足跡を残します。その一方、松山市日の出町に残してきた母セツには、終生孝養を尽くします。このガイドブックは、そのような壮大でドラマチックな人生を歩んだ和田重次郎の足跡を紹介するものです。

谷 有二著「オーロラに駆けるサムライ」顕彰会セット購入の方と、顕彰会会員になられた方に無料でお配りしています。

NPO法人 和田重次郎顕彰会 発行

 

アラスカ外伝『オーロラになった侍』 DVD

アラスカ外伝『オーロラになった侍』

南海放送が制作したラジオドラマ アラスカ外伝『オーロラになった侍』を、NPO法人和田重次郎顕彰会・(財)松山市施設管理公社・(株)南海放送が共同でDVDにまとめました。

※尚この番組は平成9年度、日本民間放送連盟賞 ラジオ娯楽部門 全国優秀賞を受賞。2007年10月には、CD教材として南海放送から松山市の全小学校に寄贈されました。

オーロラに駆けるサムライ—アラスカ開拓の先覚者 和田重次郎

オーロラに駆けるサムライ2006年11月 和田重次郎顕彰会発行

和田重次郎顕彰会発足にあたり、『オーロラに駆けるサムライ』著者の谷有二氏が、1994年愛媛新聞社発行の『えひめ雑誌』に寄稿した切り抜きをまとめた、パンフレットを2006年11月に発行いたしました。

オーロラに駆けるサムライ—和田重次郎

NPO法人 和田重次郎顕彰会 パンフレット

和田重次郎顕彰会のNPO法人化にあたり、パンフレットを発行いたしました。

「オーロラに駆けるサムライ」の要約英語版

カナダホワイトホースにも和田重次郎顕彰会ができ、リーダーの鳥飼文彦さんが「オーロラに駆けるサムライ」の英語版の要約をつくって下さいました。ダウンロードしてご覧下さい。

要約英語版 ダウンロード
「オーロラに駆けるサムライ」の要約英語版 (PDFファイル 68KB)

犬橇使いの神様

犬橇使いの神様新田次郎著 1975年 文藝春秋刊 文春文庫(他5編)

今世紀初頭、アラスカのフェアバンクスの砂金発見者として英雄の名をほしいままにした日本人探検家ユージロー・ワダの生涯を感動的に描いた表題作(背表紙・収録概要より)
初出:小説現代 昭和49年5月号

アラスカ 最後のフロンティア

アラスカ 最後のフロンティア東良三著 1973年 山と渓谷社刊 絶版

当時、アメリカでもあまり知られていない北極圏での私のエスキモーとの二年半余にわたる体験が評判になって、シアトル市で「PI」という略称で親しまれている日刊英字新聞『ポスト・インテリジェンサー』に連載紹介されたのが縁となり、これもアラスカ史に有名なパイオニアの一人、和田重次郎の訪問を受けました。この人はアラスカ奥地のタナナ平原のクリア・クリークという渓流で豊富な砂金を発見し、フェアバンクス市発祥の基をなしたという愛媛県宇和島市出身の人物です。(アラスカと私 —あとがきにかえてより)

 


●『オーロラに駆けるサムライ』ご購入フォーム

Copyright (c) 和田重次郎 顕彰会 All Rights Reserved.